新卒入社一ヶ月で会社を辞めた理由

岡村隆史の病気・うつ病・休養からの克服が「人のせいにする」で素晴らしい

岡村隆史の病気・うつ病・休養からの克服が「人のせいにする」で素晴らしい

先日、プロフェッショナル仕事の流儀の10周年特番で、岡村隆史さんが病気・うつ病になった過程、また休養から克服した過程を語っており、その内容が凄かったのでここに綴ります。

岡村隆史さんが病気・うつ病になる過程

当時、岡村さんは自分で決めた仕事の重圧でうああとなって、芸能界を辞めようとも思っていたようです。そのときは一人で全部やらないといけないと、自分がもっと頑張らないという気持ちで一杯になっていて、心の余裕がなかったという岡村さん。

そして、自分がやったことのないお芝居をもっとできるはずなのにと、脚本を一人で直していて、気付いたら2日間も経っていたというのです。

ノイズキャンセリングのヘッドホンを付け、角砂糖を摘みながら、台本を直していたら、いつの間にか2日間も経っていたんです。それから眠れなくなったんです。

そこからそのスイッチがONのままになって、切れなくなり、岡村隆史さんは病気・うつ病になり、休養したようです。

岡村隆史さんが休養中に病気・うつ病から克服した過程

それまでの岡村隆史さんは、何をするにも自分一人で背負い込んでしまい、何かあると自分のせいだ、あのときああすればよかったなど、色々と考え込んでしまっていたそうです。

しかし、病気・うつ病になり休養しているときに、おれ一人のせいじゃない、おれだけじゃない、皆の番組なんだから皆の責任、そうして「人のせいにする」、「反省をしない」、ことで終わったことだから前に進もうと、そこから気持ちがラクになったというのです。

岡村隆史さん:人のせいにすること・反省をしないこと

人のせいにすることで楽になり、病気・うつ病を克服した岡村隆史さんですが、これは非常に大切なことだと思いました。

一般的に人のせいにすることや、反省をしないことはよくないこととされており、小さい頃から「人のせいにしちゃだめだよ」と言われて育ってきた人は多いのではないでしょうか。

人のせいにしないことはあらゆる場面で語られていますが、僕は実は「人のせいにすること」の方がもっと語られるべきだし、大切なのではないかと感じました。

特に病気・うつ病になってしまうような人は、岡村隆史さんのように思いつめてしまう人が多いのです。ストレス社会に生きる現代人にとって、人のせいにしないことによる弊害の方が多いと今回のプロフェッショナル仕事の流儀での岡村隆史さんの話を聞いて思いました。

「反省しない、頑張らない。同じ状況は二度とないんだから、反省なんかしてもストレス溜まるだけ。頑張ると、観てる人が暑苦しくなってくるから、長く続かないね」

タモリ、ミュージック・ステーション放送開始30周年記念にて